JP

サービス利用規約/個人情報保護方針

keepvid.jp (以下、「ウェブサイト」といいます)にようこそ。 ウェブサイトのご利用とKeepVid(以下、「会社」といいます)のオンライン製品やサービス(以下、まとめて「サービス」といいます)は、利用者と会社間で法的に取り決められた条件の対象になります。その法的取り決めは、サービス利用規約と会社の個人情報保護方針(以下、まとめて「規約」といいます)で構成されています。

  1. ウェブサイト: 本規約で「ウェブサイト」という言葉を使用する場合、第一段落で定義されているように、サービスを含む(これに限らず)ウェブサイトで使用可能な既存の、もしくは今後開発される媒体やデバイスを通して得られる情報やリンク、その他のサービス(これに限らず)を含む。利用者は、ウェブサイトの利用により会社からサービスの広告や発注処理、管理メッセージなど、特定の連絡を受ける可能性があることを理解し、合意することとする。
  2. 規約の受諾: サービスを利用するにあたり、利用者はまず規約に同意しなければならない。規約を受諾できない場合、サービスを利用しないという選択をすることができる。サービスを利用することにより、規約を受諾したことになる。この場合、会社はその時点からサービスの利用を規約の受諾とみなすこととする。下記条件に当てはまる場合、サービスは利用できない。(1)利用者が法定年齢に達していない場合(2)利用者が、日本もしくは利用者が居住する国や利用者がサービスを利用する国を含んだその他の国の法令により、サービスを受けられない立場にある場合
  3. 規約の変更: 会社は時折規約の内容を変更する場合がある。規約の変更が行われた場合、会社は改訂された規約を本ページに掲載することとする。利用者は、該当する規約が変更された日付以降にサービスを利用することが、更新された規約の受諾を意味することを理解し合意することとする。
  4. 要求事項: 利用者は、関連法域における規約や適用可能な法律、規制、一般的に認められた慣習により許容されている目的でのみウェブサイトを利用することに同意することとする。
  5. 禁止事項:利用者は下記事項を行ってはならない。
    1. ウェブサイトやサービスまたはサービスに接続しているサーバーやネットワークを妨げるもしくは乱す活動への参加またはサービスに接続しているネットワークの要求事項やプロシージャー、方針、規制に対する違反行為;
    2. 詐欺的もしくは違法な目的によるサービスの利用または事前の合意をとらずに個人を特定できる情報を収集する行為。
    3. ヘッダーの偽造やIDの操作またはコンテンツを偽装することを目的としたその他の行為もしくはコンテンツの改造行為。
    4. 特許や商標、企業秘密、著作権、団体が所有するその他の財産権を侵害する行為(コンテンツのアップロードや投稿、メール送信、発信などのコンテンツ公開行為)。
    5. ソフトウェアウイルスを持つコンテンツもしくはコンピュータソフトウェアやハードウェア、その他の通信機器の機能を妨害、破壊または制限するコンピュータコードやファイル、プログラムなどのコンテンツをアップロード、投稿、メール送信、発信するなどのコンテンツ公開行為。
    6. コマーシャルコンテンツをアップロード、投稿、メール送信、発信するなどのコンテンツ公開行為。
    7. 登録時などにおける人物や団体へのなりすまし行為または人物や団体との関係についての偽り行為や不正確な情報を載せる行為。
  6. 監視: 会社は事前の通知なしでウェブサイト上のいかなるコンテンツをも監視、フィルター、レビュー、拒否、削除する権利を有する(義務付けるものではない)。
  7. 規約の終了: 規約は利用者もしくは会社によって終了されるまで継続的に適用される。利用者が会社との法的な取り決めを終了させたい場合、サービスの利用を止めることでそうすることができる。会社は、利用者が下記の条件に該当する場合、利用者との法的取り決めを会社独自の判断に従い、通知の有無に関わらず終了することができる。(i) 利用者が規約内容に違反した場合 (ii) サービスが変更されたまたは削除された、もしくは商用的に継続が困難になった場合
  8. 知的財産: 利用者は、サービスまたはウェブサイトの一部もしくはこれらを通して得られる全ての情報や素材(以下、「コンテンツ」という)に関する責任の一切は、それらの情報や素材を提供した人物にあることを理解していることとする。ウェブサイト上の広告や投稿、ブログ、メッセージ、外部サイトへのリンクを含む(これに限らず)全てのコンテンツはその提供元(もしくはその他の人物または団体)が所有する知的財産により保護されている場合がある。コンテンツ所有者の書面による同意を得ない限り、コンテンツ(全体もしくは一部)の変更または借用、リース、貸し出し、販売、配布、複製、派生的な作品の作成をしてはならない。利用者は、下記事項について認識し、同意することとする。 (i) 会社(もしくはコンテンツのライセンス所有者)が、サービス内に存在する知的財産権を含み(登録の有無を問わず、またそれらの権利が存在する世界のどこにおいても)、サービスや会社によって作成されたコンテンツにおける全ての法的権利、所有権、利益を所有すること; (ii) 会社は、会社により作成されていないコンテンツに対して一切の責任もしくは法的責任を有していないこととする。ウェブサイトに登場する商標やサービスマーク、商品名は会社や実施許可者、その他の存在の慣習法もしくは登録商標であり、いかなる商標やサービスマーク、商品名に関しても所有者の書面による同意がない限り使用することはできない。
  9. 投稿: アイデアや提案、レビュー、文書、プロポーザル(以下、「投稿」という)を会社に提出することにより、利用者は下記事項に関して認識、代表、合意することとする。
    1. 利用者の投稿には、機密情報もしくは占有情報が含まれていないこととする。
    2. 表明の有無に関わらず、会社には投稿に関する一切の秘密保持義務は発生しないこととする。
    3. 会社には、いかなる目的であっても、投稿を利用もしくは開示する権利があることとする。
    4. 会社は、既に投稿に類似したコンテンツを有しているもしくは開発中である場合があることとする。
    5. 利用者からの投稿は自動的に会社の所有物になり、会社から利用者に対する一切の義務も発生しないこととする。
    6. いかなる状況下においても、利用者は会社に対して賠償もしくは弁償を要求する権利を有していないこととする。
  10. リンク
    1. 外部サイトへのリンク: サービスには外部サイトや出典へのハイパーリンクが含まれる場合がある。会社はそれらのサイトや出典を管理する能力を有してはいない。利用者は、ウェブサイトを通してアクセスできるいかなる外部サイトや出典に関して、会社には一切の責任がなく、それら外部サイトや出典に掲載されている広告や製品、その他の素材を支持している訳ではないことを理解し、同意していることとする。利用者は、外部サイトや出典にアクセス可能なこともしくは外部サイトや出典に掲載されている広告や製品、その他の素材の完全性、正確性、存在を信頼したことにより生じるいかなる損失や損害に対しても会社には一切の法的責任は発生しないことを認識し、同意していることとする。
    2. ウェブサイトへのリンク:利用者やその会社、もしくはそのサイトを会社が承認またはスポンサーしていることを記載もしくはほのめかしていなければ、利用者は自由にウェブサイトへのリンクを使用することができる。会社からの書面による同意がない限り、ウェブサイトのいかなる部分に関しても画像を掲載してはならない。
  11. 第三機関との争い: ウェブサイトの利用者と第三機関との間で争いが生じた場合、利用者は、会社にはその件に関与する義務がないことを理解し、同意することとする。利用者と1人またはそれ以上の参加者、もしくは第三機関との間に争いが生じた場合、利用者は、そこから発生したいかなる種類または性質の訴えや要求から、それが周知されているかどうか、容疑の有無、公開されているかどうかに関わらず、会社またはその役員、社員、代理人、代表者、承継人を解放することとする。
  12. サービスの変更または停止: 利用者は、会社が提供するサービスの形式または性質は、事前の通知なしに時折変更される場合があることについて認識し、合意することとする。利用者はまた、会社の裁量により、事前の通知なしに一時的または恒久的に利用者もしくは全体に対してサービス(またはその機能)の提供を停止する場合があることを認識し、合意することとする。利用者は、サービスの変更や停止、中断に関して利用者や第三機関に対して会社には一切の法的責任がないことについて合意することとする。
  13. 損害補償: 利用者は、サービスやサービスの利用、利用者とウェブサイトやサービスとの関係、規約違反、その他の権利侵害を通じて利用者が提出、投稿、発信したことにより第三機関より生じた正当な弁護士手数料や費用を含むいかなる訴えや要求に対しても保障し、会社を無傷に保つことに同意することとする。利用者はまた、提供されたコンテンツが会社もしくは第三機関からのものかどうかに関わらず、サービスやウェブサイトを通して得られたコンテンツを利用することによって生じたいかなる法的責任や損害に対しても保障し、会社を無傷に保つことに同意することとする。
  14. 保証の否認: 利用者は、自身のリスクの元でサービスを利用しており、提供されるサービスは提供できるその状態で無保証にて提供されている。特に会社やその社長、関連団体、実施許可者は、下記事項について表明もしくは保証するところではない。 (a) サービスの利用が利用者の要求に適合すること; (b)サービスの利用が連続的でタイムリーかつ安全でエラーのないものであること;(c) サービスを通して入手した情報が正確で信頼性のあるものであること;(d) 利用者に提供されたサービスの動作や機能の欠陥が必ず修正されるということ。 サービスを利用して得られた素材は利用者の裁量とリスクの上で得られたものであり、得られた素材が原因により発生するコンピュータシステムやその他の機器へのダメージまたはデータの損失についての一切の責任は利用者自身にあることとする。利用者が会社もしくはサービスまたはその利用を通して得た情報については、口頭か文書化されているかに関わらず、規約に明記されている内容以外の保証をすることにはならないこととする。さらに会社は、明示的か黙示的かに関わらず、ウェブサイトやサービス、黙示的な商品性の保証や条件または特定の目的への適合性もしくは非侵害など(これに限らず)に基づき購入された製品に関係する全ての保証や条件を否認することとする。
  15. 責任の制限: 利用者は、下記事項に関して会社や社長、関連団体、実施許可者から利用者に対して法的責任は発生しないことを明確に理解し、同意することとする。
    1. 損害の原因が何であれ、そして法的責任の根拠が何であれ、利用者が負担したいかなる直接損害賠償や間接損害賠償、付随的損害賠償、特別損害賠償、懲罰的損害賠償、結果損害賠償。これには、直接的もしくは間接的に発生したかどうかに関わらず、利益や信用、評判、データの損失または代替品やサービスの調達費用、その他の無形損害が(これに限らず)含まれる。
    2. 下記事項の結果(これに限らず)により利用者が被った損失や損害。(i) コンテンツの完全性、正確性、存在に対して利用者が信頼を置いたもしくは利用者と第三機関との間で行われた取引やその関係性;(ii) サービスの内容(サービス内の機能)に対して会社が施す変更や一時的もしくは永続的な停止;(iii) コンテンツの削除もしくは破損、保存の失敗;(iv) 利用者が自身のパスワードとアカウント詳細を安全で機密な状態に保つことに失敗した。会社に報告が言っていたかどうかもしくはそのような損害が発生する可能性を認識していたかどうかに関わらず、会社から利用者に対する責任の制限が適用される。


    法域によっては、特定の保証や条件の除外、または過失や契約違反、黙示条項の違反によって発生した損失や損害に対する法的責任もしくは付随的損害賠償や結果損害賠償の除外を認めない場合がある。従って、利用者の法域において合法とされる制限のみ利用者に適用され、会社の法律の許す範囲内で最大限に制限されることとする。
  16. 認諾: 利用者は下記事項について認め、同意することとする。 (a) 利用者は規約を読み、その内容を理解している; (b) 規約は公平かつ妥当であり、過度に制限するものではない;(c)利用者には規約に同意する前に法律顧問に相談する機会を与えられていた。
  17. 存続: 規約が終了した場合においても、知的財産や寄稿、第三機関との争い、損害補償、保証の否認、法的責任の制限、認諾、存続、総則に関して定められた内容は存続する。
  18. 総則
    1. 通知:会社は、規約の変更を含み、メールや郵便、ウェブサイトでの掲示またはサービスを通して利用者に通知を行う場合がある。
    2. 権利放棄:利用者による規約条項の違反や非順守に対して会社が行う権利放棄については書面で行われ、該当条項に対する継続的な権利放棄またはその他の規約条項の違反や非順守に対する権利放棄と解釈してはならない。
    3. 3.完全合意:本規約と個人情報保護方針は当事者間の全ての合意を記載したものであり、規約に規定される対象に関するこれまでの全ての理解と合意(口頭であれ書面であれ)にとって代わるものである。
    4. 弁護士費用:本規約から発生する全ての訴訟に関連して、勝訴側は、示談または裁判、調停、上訴、破産申請手続きなどで負担した弁護士費用を含み、全ての費用を請求することができることとする。
    5. 規定分離条項:特定の法域において無効または履行不可能な条項が規定に含まれている場合、無効または履行不可能とされている範囲に関してのみ効力を有さないものとし、それ以外の規定条項に関しては無効または履行不可能とはならない。またその他の法域における本規定条項の有効性または履行可能性には影響を与えないこととする。
    6. 陪審裁判の放棄: 本規約に同意することにより、利用者は本規約から生じるいかなる争いに対しても、適用可能な法律のもと与えられている陪審裁判の権利を自主的に、また理解の上で放棄することとする。
    7. 拘束力:本規約は当事者またはその承継人、認められた譲受人もしくは法定代理人の利益に効力を及ぼし、かつ彼らを拘束するものとする。
    8. 不可抗力:会社は、不可抗力または自然災害、政府の行為、会社が合理的に支配できないその他の行為や状況により義務の履行や違反を正す対応が遅れた、制限されたまたは妨げられた場合、規約違反にはならないこととする。
    9. Joint Drafting:本規約の条項に関連する意図に対して不明確さや質問が生じた場合、本規約はあたかも当事者らによって共同で起草されたかのように解釈されるものとし、そしていかなる推定または証明責任も本規約の条項の起草者であることを理由としていずれかの当事者に有利または不利に発生することはないものとする。
    10. 譲渡禁止条項:利用者は、本契約の権利を譲渡することはできないこととする。会社は、契約の全てもしくは特定部分をいつでも譲渡することができることとする。

    KeepVidは、本規約や条件に反する法律や衡平法の修正を要求する権利を留保することとする。本規約で明示的に許可されていない全ての権利は留保されていることとする。
  19. インターネット上でダウンロード可能なソフトウェアの使用には固有の危険が伴っており、KeepVidは利用者に対して、ソフトウェアをダウンロードする前にそのリスク(コンピュータウイルスに感染する可能性やデータの損失を含む[これに限らず])について完全に理解しておくように忠告する。 データやソフトウェアの接続に使用された機器に対して十分な保護とバックアップを施す責任は利用者にあることとする。
  20. イメージ: サイトに表示されている全てのロゴやスプラッシュスクリーン、ページのヘッダー、画像、グラフィックはKeepVidもしくは第三機関のライセンス所有者のサービスマークや商標、トレードドレス(以下、まとめて「マーク」という)であることとする。本規約で許可されていない限り、書面によるKeepVidの許可を得ずにマークを使用もしくは複製、発信、表示、編集、配布することはその形式や方法に関わらず禁止されており、それにより著作権や商標、プライバシー、その他の日本の法律を侵害する場合がある。
  21. 損害補償: 利用者は、KeepVid及びその関連団体、役員、代理人、職員を利用者のコンテンツや利用者によるサイトの利用や規約違反から生じるもしくはそれらに関連した全ての訴えや損失、損害、法的責任、弁護士費用を含むコストおよび費用から守り、保証し無害に保つことに同意することとする。
  22. フィードバック: KeepVid Softwareに送られた質問やコメント、提案、KeepVid Softwareのソフトウェアまたはウェブサイトもしくはその他の製品に関連する情報などのフィードバック(以下、「フィードバック」という)を含む(これに限らず)いかなるコメントや素材も非機密として扱われることとする。それらのフィードバックに関して、KeepVid Softwareは一切の義務を負わず、自由に複製、使用、公開、展示、表示、変換、派生品の作成、フィードバックの展開をすることができ、またそれらのフィードバックに含まれるいかなるアイデアやコンセプト、ノウハウ、テクニックについてもフィードバックを盛り込んだ製品の開発または製造、マーケティングに自由に使用することができることとする。
  23. 複製:ウェブサイトに含まれる情報の認可された複製には、著作権表示や商標、KeepVid Softwareの所有権の説明文が、利用者によって複製された素材に含まれていなければならない。ソフトウェアのライセンスおよびウェブサイトの利用については、日本または利用者の属する国の法律で定められるところによる。
  24. 著作権: ウェブサイトの著作権(テキストやグラフィック、ロゴ、サウンド、ソフトウェア[このかぎりではない]を含む)はKeepVidにより所有、また認可されている。ウェブサイトに含まれるすべての素材は日本および国際著作権法により保護されており、KeepVidから事前に承認を得ずに複製や再現、配信、発信、表示、発行、適用してはならず、またいかなる形式もしくは手法においてもメディアに使用してはならない。利用者は、著作権やその他の通知をコピーしたコンテンツから取り除くまたはその内容を変更してはならない。
  25. 商標: KeepVidはKeepVid Studioの商標であり、法律により保護されている。KeepVid Studioからケースごとに許可証を入手することで使用することができる。KeepVidから事前に許可を得ずに商業的目的でKeepVidの商標を使用することは商標権侵害や不正競争に該当し、法律に違反することになる。

ご質問がある場合には、 カスタマーサービスセンター をご利用ください。

Merchant Billing Information: Advancer Limited

Merchant Billing Address: Third Floor207 Regent Street, London, W1B 3HH, UK

100% 安全で安心の個人情報保護

動画コレクションをどんどん増やしましょう